『恋する寄生虫』の宣伝

f:id:Hotateyuki:20181116231816j:plain『恋する寄生虫』①のカバーイラストがAmazonの方でも公開されたりといよいよ近づいてきましたね。f:id:Hotateyuki:20181116232115p:plain


実は今秋葉原駅の電気街口改札のデジタルポスター(あの柱に液晶が埋め込まれてるやつ)でもこの『恋する寄生虫』のコミカライズの告知が流れています。ありがたいことです。あの秋葉原の駅改札に自分の絵があるというのが感慨深いですね。

f:id:Hotateyuki:20181116232330p:plain


どうやらこのCMには後に声が付くそうです。深夜帯での放送もするらしいのでよろしければご覧下さいね。


『恋する寄生虫』①の購入特典については2店舗ほどありますので後に公開します。


今回の『恋する寄生虫』①のデザインを有馬トモユキさんにお願いしたのですが、本当に素晴らしい本となりました。表紙のカバーのマット系の加工がシャラシャラしてて凄く手触りいいですし、帯も特殊な紙でかっこいいし、デザインは素晴らしいしと本当に感謝しかありません。

https://mobile.twitter.com/tatsdesign


いよいよ発売が近くなりましたが、楽しんで頂けると嬉しいです。

引き続き少年エースで追って頂いてる方も、単行本で追って頂いてる方もよろしくお願いします。

近況報告とTwitterの件

お久しぶりです。生きています。ホタテユウキです。

 

 案の定、ブログが長く続きませんね。そういう性格なんでしょう。考えてみれば、瞬間的に言いたいことがあればその都度Twitterで呟いていたような人間でしたのでブログの意味があまりなかったので続かなかったんでしょうね。

さて、長い期間の間に環境がガラリと変わったので近況報告という名目で色々ここに綴りたいと思います。

 

 まず報告として一番に来るのがやはりこれでしょう。

 月刊少年エースにて『恋する寄生虫』の連載が始まりました。早いものでもうあっという間に4話も掲載されてしまいました。

そして単行本の第1巻も11月26日に発売です。是非皆様お手にとって頂けたら幸いです。

amzn.asia

 ここまで自分にあった題材を描かせて頂けることが光栄だし、ものすごい勉強にもなっています。正直全然原作に合わせて描いてる感覚はないんですよね。ただただ、運命的にピッタリだっただけなんです。原作者の三秋縋さんには感謝しかありません。描いていて本当に楽しいです。

 そんな単行本の『恋する寄生虫』には番外編として描き下ろし漫画が10ページ載っています。それはストーリーも構成も僕が作ったので(もちろん監修として三秋さんは関わっています。)原作とは少し違う雰囲気の『恋する寄生虫』も楽しんでみて下さいね。

 

 

 ・Twitterを辞めた経緯

 まず、何人かの人にはご心配をおかけしたかと思います。勝手にやめてしまって大変申し訳ありませんでした。

 

 大雑把にやめた理由を述べると「自分の絵に支障が出ていた事に気付けたから」です。Twitterをしていた当時の僕は無意識にもTwitterの圧力のようなものに囚われて絵を描いていたんですよ。いもしない存在に向けて描いているかのような感覚です。それは果たしてフォロワーなのか、それとも相互の絵描きさんたちなのか、それは自分でも定かではないんですが確実に存在しない『何か』の顔色を伺いながら描いてました。

 Twitterっていい意味でも悪い意味でもものすごい影響力があると思うんですよ。わかりやすく数字化された評価基準や、世の中の情報と注目されている傾向とかも瞬時に追えるんです。絵もTwitterに投稿すれば、ものすごいスピードで反響が返ってくる。それは絵描きとしては当然嬉しいことだし魅力的なものに見えてしまう。

 ただ、それが自分にはどうしても制御ができない。自分が心底弱い人間なんだということが分かってしまうんですが、あの反響のせいでどんどんとTwitterユーザーに媚びた絵を描く傾向に傾いてしまうんです。

 僕は本当にこんな絵を描きたいのか?という疑問が描き終わった後に波のように押し寄せてくるんです。正直その瞬間は苦しいです。前までの僕は誰かの為に絵を描いて、褒められて、それで楽しいように思えたんですが今は自分を解読したいかのような感覚で絵を描くのが楽しくて、人に媚びるとそれは僕じゃなくてもいいのでは?という感情が勝るんです。ユーザーが求める心地のいいラインや色使い、そのテンプレートのような記号に当てはめていくだけの作業のような連続の繰り返し、それが多分性に合わないんだと思います。

 時折、自分の過去作を見ていてよく描けたなって自信持って言えるものがあるんですが(個人的には同人誌で描いた「エリーゼのために」など)それはのびのびとカッコつけずに感情や自分の意思を作品にぶつけたものがあるんですよ。なんかロックのような素直さが出てるんです。大衆に受けようと努力をしてしまうとその「勢い」や「素直さ」がどうしても死ぬんです。すると途端に苦しくなるんです。やっぱクリエーターとしての唯一無二を生み出したい欲が貪欲にあるんだと思います。

 今の自分が果たして作家性のある絵を描けているのかと言われたら正直自信もないし、それこそ影響を受けた作家の片鱗がもろ見えてしまうまだ真似ごと段階の絵です。でも少しずつ少しずつ手探りで自分を探しています。あの自分でも納得いくような作品を描けた瞬間の感覚、あれを必然のように描けるようになりたいですね。今はそれが一番の作品作りへのモチベーションだし、一番大きな壁なんですよ。

 

 Twitterをうまく使える人は全然重荷にならないでしょうし、その段階にいない人なんだと思います。僕は天才でもないしそんな器用な人間じゃない。要領も悪いから絵だって描いた量分しか上手くならないし、人から技術を盗まないと発見すら出来ない。年が近くて上手い人とか見ると悔しいし、影響受けそうになる単純な人間です。嫉妬もめっちゃします。臆病で人の視線は気になってしょうがないし、でも結果は欲しい貪欲さもある。ただの凡人なんですよ。そんな僕はTwitterをやっていると自分じゃない自分を装ってしまうので、それが絵にも影響していることに気付けたので辞めました。

 周りからは宣伝効果とか落ちるじゃんとか、勿体無いとか言われちゃうんですが、歴代の伝説の漫画家たちだってそんなSNSなんて使わずしてあそこまで登れてるじゃないですか。結局いい作品は結果が付いてくると信じて、僕もこっそりと活動していこうかと思います。

 

 これからこのブログとかで宣伝とかできたらなーと思います。今後ともSNSは多分しないと思います。やるとしてもっと自立できる年齢とかになってからかなっと思います。

何か僕と連絡とりたい方がいらっしゃれば、ho.si.re.ru98@gmail.comまでメールください。

 

では。

日差しと翳りの夏休み

お久しぶりです。ホタテユウキです。

もう丸2ヶ月程ブログを放置してしまっていました。これも忙しさ故なんですが、案の定なかなか続けるのは難しいですね・・・。まぁ夏休み中は8月分のお仕事も全部こなした上で遊んでたんで時間があったんだと思いますね。同人の「エリーゼのために2」の原稿だけ常に視界をちらつかせながらでしたが笑 なんとか間に合ってよかったです・・・・。

 

さて、2ヶ月分ブログを書いてなかったんで色々とネタが貯まってるんで簡略して書いていきます。

 

(8月16日)

ドイツの友達が帰国しました。約1ヶ月こっちに滞在していたので疲れたことでしょう・・・。彼ももはや日本人より日本人らしい謙虚さを持っていたので大変案内しやすかったですね。好き嫌いもせず(納豆だけダメだった)食事でも基本トラブルなく済みました。僕も久々にドイツ語を使ったので(8年ぶり)最初は単語等でませんでしたが話してる内にどんどん出てくるようになり最後の方はまたペラペラに戻りました。

最終日に彼とその彼女の似顔絵を色紙に描いてあげました。

f:id:Hotateyuki:20171008194808j:plain

こういう贈り物は絵描きならではですよね〜!彼もとても喜んでくれました。外国人の顔はとても描きやすい!

今度は僕がドイツに行く番ですね。近々仕事がひと段落したら行きたいと思います。ちょうどドイツとフランスのコミックイベントに出ようと思っていたのでそれを込みで行きたいですね!

 

(8月19日)

夏休み終り・・・と思いきやまだまだ終わらないんですねぇ。今度は京都の友達たちが実家横浜に襲撃してきました。まぁただ遊びに来るんではなく、それぞれお仕事で関東に用事があったり各々ちゃんと目的はあったので実際全員が休みで遊べる日はそんなになかったです。ですが普通に遊びましたけどね!

スケジュールはドイツの友達とだいぶ被ってますがこんな感じになります。

秋葉原メイド喫茶

・新宿VRZONE

・熱海(別荘・海)

 

まず初日、秋葉原に行きました。それもメイド喫茶・・・。あの何度言っても絶妙に慣れないあの空間、はじめて行ったという京都の友達も数人いて完全にトラウマを植え付けて楽しみました笑 しかもその後、まどそふとさんの人とお話するなど普通に用事があって、まさか相手も用事の前に僕らがメイド喫茶に行ってるとは思いもしないでしょうね笑 これがその時メイドさんに描いてもらったケーキです。普通に結構上手いなぁ。

f:id:Hotateyuki:20171008200726j:plain

それにメイドさん達が英語めちゃくちゃうまくて実際英語ができないと秋葉原メイドさんにはなれないんですか?と質問したところ、皆んな入ってから勉強して習得したらしく驚きました。メイドさん達って本当努力家なんだなぁ。本当にネイティブ英語でしたよあのレベル!?

 

そして新宿VRZONE。ドイツの友達と行って日が間もない間にもう一度来ました。ここはやっぱはずれませんね。まだVRが日常的に流通していない現在では誰もが目新しいので絶対行くと喜ばれます。今回は前回遊ぶことができなかったボトムズのアトラクションにも乗れて満足でした^^(友達と対戦型だったんですが、秒殺してしまって微妙な空気になってしまったのは申し訳ない・・・)

 

そして熱海!またうちの別荘の熱海を拠点に海に遊びに行きました!やっぱいいですねぇ海。もうこの時期となると海に入れるのも最後の時期。これ以上日にち経っちゃうとクラゲだの気温だので入れなくなっちゃいますからね。僕は泳げないんですが浮き輪でプカプカしてるだけでだいぶ癒されました。これぞ夏休みとしみじみ感じながらいい感じの疲れがやってきてそのままリゾートマンションについてる大浴場で疲れを癒しそのまま就寝。最高すぎますね。

リゾートマンションの設備のビリヤードもやりました!いやぁビリヤードは奥が深い・・・。難しいですけどこれははまりそうな楽しさですね。

f:id:Hotateyuki:20171010224735j:plain

こんな感じで京都の友達ともいっぱい遊び、夏休みは終了!といった感じです。

 

とても楽しかった夏休み。ですが実は悲しいこともありました。少し日は遡り8月22日。愛犬のプー(本名プラヴァ)が亡くなりました。18歳でした。僕が2歳の頃にうちに来てもうずっと一緒でした。ずっとプーは家で待っててくれててそんな存在が大きかったんだと今はしみじみ感じます。僕が大学で京都に移り住み、兄も大学で都内へ越して実家は両親とプーだけが住んでいたのですが、今回夏休みでちょうど家族みんなが揃っていた中の出来事だったのでプーもタイミングを待っていたのかなと思いました。

まだ実感がわきませんが家に帰る度に喪失感を感じ、もっと可愛がれたのにそうしなかったことへの後悔が込みあがります。いずれ僕も死んでそっちに行くのでそれまで見守っててください。

 

しんみりしてしまいましたが続けますね。

こっから一通り関東での用事は終わり、また京都の方へ帰りました。とにかく同人のエリーゼのために2の締め切りがやばくて必死でした・・・!今回の夏休みで全く描いていなかったので絶望的な状況と思っていたのですが案外すんなり終わってしまって自分でも驚きました。簡単なトーンとかは友達が手伝ってくれたりしたんですが基本的には全て順調に終わりなんとか関西コミティアには間に合うことができました。

f:id:Hotateyuki:20171010231157j:plain

今回の新刊エリーゼのために2は前回のエリーゼのために1の続きなんですが関西コミティアではゲストイラストが載っていないんですよ。でもこれで出さなかったら関西の方達はしばらく2を読めないのでそれは可哀想だと判断し無理矢理見開きイラストを描いて完成させました!なので少し不公平ですが関東のコミティアにはゲストイラスト付きの本を刷り直します。ですがイラスト1枚をなくすのでそれを関西の方は特権としていただきたい・・・!

ある意味関西の方で刷ったエリーゼのために2は少部数だったのでレアです。僕がそう言ってるんでレアなんです。

 

11月23日の関東コミティアにこの新刊エリーゼのために2(修正版)を持っていきますので是非是非。今回のゲストイラストはあの加藤アカツキさんです!

いやぁ少女サイクルの頃からファンだったのでとっても嬉しいし光栄です・・・!もう実はイラストの方は頂いてまして、とっても可愛らしい絵を頂きました!是非同人誌でご覧くださいね!できることなら売りたくないくらい独占したいけどね!!

 

ではまたぼちぼちブログを更新していきたいと思います。今回は同人のことや愛犬のことでドタバタして間が空いてしまって申し訳ないです。定期的に続ける癖を戻すぞー!

ではまたー。

コミケお疲れ様でした。

大分更新が遅れましたがコミケお疲れ様でした!コミケのあともいろいろ慌しく、なかなかブログが書けずにいたので今書いています。

 

当日は怪しい天候続きとは思わせないくらい晴れており、気温も高めでした。ですが今回初めて使う東7館は空調がいいのかそんな暑くなかったですね。ちょっと遠いのがネックでしたが環境は少しコミティアのようで好きでした。

f:id:Hotateyuki:20170814191114j:plain

こんな感じでブースを作り、そのままとっととご挨拶に行きました。

村田蓮爾さんのサークル「PASTA'S ESTAB」。ここは毎回必ず恒例で挨拶行ってますね。村田蓮爾さんと近しい関係になる前からちょこちょこっと挨拶には伺ってたんですが昔はチキンすぎて全くしゃべれずにいたんですが最近はもう本を交換する仲ですね。いやぁ成長したもんだ・・・。

次に加藤アカツキさんのサークル「残像アパートメント」にご挨拶に伺いました。加藤アカツキさんとは去年たまたまお会いできた機会がありましてそこで一方的に僕がファンだったのでいろいろと喋って絵も見てもらってコネクトが繋がりました。これも蓮爾さん、藤岡さんのおかげです・・・本当感謝しきれない・・・。

その次に楝蛙さんのサークル「けろけろまうんてんちきん」にご挨拶に行きました。彼女は同い年でもう既に商業誌でバンバン活躍なされてるすごい方で本当頭上がらないです。ライバル視なんておこがましくてできませんが勝手に似たシンパシーは感じてます。いい刺激をいつももらってます。今回たまたまほぼ真正面のブースで近かったんです!

以上がひとまず同じ東7館でご挨拶に行った人たちでした!本当はもっと回りたかったんですが時間がなく断念・・・。でももちろんあのお方にはそのあとにご挨拶行きましたけどね!そう、あのお方。

安倍吉俊さんです!安倍吉俊さんのサークル「むてけいロマンス」にご挨拶に伺いました!東7から離れた館にいらっしゃったのでどうしても開場時間後にしか行けませんでした・・・!

でも今回はいつもより少し安倍吉俊さんと親しく・・?(いやそんなおこがましくないですがいつもよりは)話せた気がして、すこし近づいたような感覚を感じました・・・。もちろん気のせいだと思うんですが。

アニメ「Project-D」、漫画「こどものグルメ」と立て続けてお仕事をしていて今一番忙しい時期だと思います。その影響で今回は23年ぶりに新刊を出せなかったそうです。確かに最近はよく安倍吉俊さんの絵を見る機会が多い気がします。すごいお仕事なされてるなぁと素直に思ってましたが案の定すごく忙しいんでしょうね・・・。大学の講師もしているそうですし・・。頑張って乗り越えて欲しいです。

その次は以前生放送でご一緒にお話させてもらったMETOさんのブース「メトです」にご挨拶行きました!初めてお会いしたんですがイメージ通りの優しそうな方で、とても話しやすかったです!韓国の方なんですが日本語がすごい上手で本当すごい・・・。もちろん絵の実力もすごい方で、Photoshopの動画もよく参考にさせてもらってます。

以上が別の東館でご挨拶に行けた方々でした!やっぱしコミケは忙しい・・・。急いで戻ってスケブをいっぱい描いてました笑

f:id:Hotateyuki:20170817001145j:plain

でもやっぱりわざわざコミケまで来てくれて本を買ってくれる方々にはちゃんとお礼をしなきゃなって思っていてしっかりとスケブもペン入れでちゃんと描いてます。もし人気サークルとかになったらできませんし今のうちできるだけスケブはちゃんと描いていこうと思います。ぜひ気軽にお声掛け下さいね。

そんな感じであっという間にコミケは終わりました!もう基本的には忙しいしかなかったので挨拶回ったエピソードしか書きませんでしたが本当そんな感じでした笑

f:id:Hotateyuki:20170814190341j:plain

おそらく受かればまた冬コミに参加しますのでそれまでまた!(その前にはコミティアがあるけどね!)

今回は本当にハードなコミケでした・・・。コミケ前日に京都から関東へ帰り、新刊のクリアファイルを手作業で包み、コミケの準備をして次の日の朝5時50分には家を出て電車でコミケに向かうという結構なハードスケジュールで・・・。本当に今回は売り子の友達がいてくれて助かりました。ありがとう。

コミケのあとは打ち上げ(2人で)で焼肉食べました。神絵師の打ち上げは焼肉と相場が決まってるんですかね。便乗して焼肉でしたが・・・。

f:id:Hotateyuki:20170817001930j:plain

それとこれが今回のコミケの戦利品です!(ほとんど頂いたものですが!)

f:id:Hotateyuki:20170817002025j:plain

出展側になると本の交換とかとなってきて、昔は買いに行ってたのにどんどん交換できるようになってちょっと仲間に入れたような感じがして嬉しいんですよね・・・。これも絵描きの特権てやつですかね!

家に帰って黙々と全て読んで心が満たされそのまま疲労で寝ました。

 

それでは次は11月のコミティアで会いましょう。関西の方はもう少し早い10月の関西コミティアの方でお会いしましょうね。では。

伏見稲荷大社に行ってきました。

京都観光2日目です。もう京都に住んで一年と半分いくかいかないかくらいなんですが全然お寺や神社の観光はしてなかったのでこの2日で京都を存分に堪能してますね〜。京都に住んだら「じゃあ行く時案内してよ!」と言われるのが定番ですが、結局全然案内できないのもまた定番ですね。修学旅行で行った知識程度しか有してません^^;

 

8月11日

この日のプランは朝から伏見稲荷大社に観光に行って、その後清水寺で親と合流し清水寺を観光し三年坂から降りそのままホテルに戻る。といったプランです。

まずホテルから歩いて三条駅まで歩いて行ったのですが行き途中に本能寺を見つけてついでという感じで行ってきました!本当に街の途中に入り口が突然あるといった感じで、本能寺の両端にはビルやお店の建物などが建っておりなんとも言えない光景でした。こんなところにあの本能寺の変で有名な本能寺が?といった感じでしたね。しかし細く奥行きのある入り口を抜けると、そこには立派なお寺がそびえ立っており、しっかりとした存在感を持っていました。その光景もまた面白く、これぞ京都らしい光景の一つに思えましたね。こういう現代の建物と過去の遺産の融合的な光景は色んなインスピレーションを生みますね。貴重です。

本能寺を抜けて三条駅へ。京阪電車を使えば伏見稲荷駅まで一本でいけるんですね。10分程度で着いてしまいました。

一度は来たかった伏見稲荷大社だったのですが流石京都で観光で行きたい場所四年連続一位なだけあって朝なのに凄い人で賑わってました。

f:id:Hotateyuki:20170812091856j:plain

f:id:Hotateyuki:20170812091656j:plain

本堂の奥に行くと、みんなの目当てであろう鳥居が見えてきました。いやぁやはり珍しい光景ですねぇ。千本鳥居も三十三間堂のような圧倒的なビジュアルの迫力がありますね。ちなみに鳥居は英語でTorii gateやdivine gateなどと言ったりします。divine=神聖なるとかそういう意味にgate=扉を合わせた超かっこいい英語ですね。

前日の鞍馬寺でたくさん階段を(3km程)登って少し疲れが残った足で伏見稲荷大社を行ったのが若干間違いだったのか正直に言います・・・。伏見稲荷大社もものすごい階段の量を登ります・・・。もう鞍馬寺を合わせたら山一個超えた気分でしたね。めちゃきつかったです・・・。

しかし緑茂る森の中に延々と奥まで続く朱色の鳥居、その光景は他では味わえない素晴らしい光景でした。本当、無限回路とはこのことですわ。

ほとんど観光客であふれかえってるなか、ちょっとなぁと思ったのが中国人たちのマナーの悪さですね。まぁこれに関してはどこででも言えますが伏見稲荷大社のような狭い通路で自撮り棒振り回してたら流石に危ないですね。前後見て、人が来てないと確認してから写真は撮りましょう。千本鳥居で立ち止まると危険です。

(あと自撮り棒で前を撮影してる人が多かったんですが意味あるのかな・・・?)

 

f:id:Hotateyuki:20170812093818j:plain

当日の気温は36度と死ぬほど暑くてそれでいてあの階段の量なので涼しい日に行くことをオススメします・・・。一応山頂まで行きましたが階段を50分くらいは歩いたのかな?結構きついです。

f:id:Hotateyuki:20170812094106j:plain

もう一つ驚く光景として、伏見稲荷大社は普通に通路としても使われてたり、住宅も存在することです。こんなアクセス悪いところに住むの?という疑念もありますがそれよりもこんなところに住めるんだ・・・という事実に素直に驚いてました。鳥居を潜りながらひたすら階段を登っていた時に後ろから佐川急便の人が大きめの荷物を持ち、階段をホイホイ登ってる光景がもうはたからしたら面白い以外なくて感心してましたね。

鳥居さえも荷物を運ぶ通路の一つなんですねぇ。いやぁ面白いもの見してもらいました。

f:id:Hotateyuki:20170812094615j:plain

奥に行けば行くほど本当に山で、どんどん人も少なくなっていき緑の量も増え狐の祠って感じな雰囲気になってきました。

f:id:Hotateyuki:20170812094734j:plain

稲荷神の使いといっても神々しい姿ですね。でもこの赤い前掛けが正直かわいい。これのせいで普通に可愛らしい姿に見えてしまってなんともシュール。

聞いた話だと伏見稲荷では二年前に新しい神が降りたのとこ。今までは狐の霊が各地でいたずらをしたり正統が取れていなかったそうでやっと二年前に全てをまとめる神が降りたらしいです。なので京都で今一番パワースポットとしてホットなところらしいですよ!まぁこれはあくまで超個人的な意見ですが、前日の鞍馬寺と比べるとかわいいなレベルのところにしか感じませんでしたがね^^;鞍馬寺はちょっと次元が違うのかもしれませんね。なんせ宇宙規模ですから!

でも狐の妖しさ、低級霊の散らばりのような散漫とした霊気のようなものは極わずかにわかるような気もしました。

そして地獄の下山。

もう山頂で汗ダラダラかいてたんですが登ったらそりゃあ降らないといけないわけであって降りも階段を降りて行きました。階段は降りの方が足への負担が大きいと聞きますがあれ本当ですわ・・・。下の方がきついです・・・。そして壮大にコケました。雨の影響で階段が山奥は特に滑りやすくなっており、僕はサンダルだったので綺麗にコケました。でも本当に綺麗にお尻から転んだので負傷もなく、どこも痛めませんでした。ちょっとずれてたら本当に危なかった・・・。これも狐のいたずらなのか・・・・。

下山の途中で面白い神社を見つけたのでそれも載せておきます。

f:id:Hotateyuki:20170812100211j:plain

蛙の神社・・・?これはまた珍しい。初めて見ました。なんだか狐の後に蛙と漫画「NARUTO」のツアーをでもしてる気分ですねぇ。仙人の里にでも迷い込んだのか^^

やっぱ京都は変な神社、変なお寺が密集してますねぇ。知名度はまだまだでも長い歴史と深い闇のある場所まみれなので発見が多く楽しいです。

 

伏見稲荷大社の後に向かったのが定番中の定番、清水寺ですね!もう5、6回目かな?行ったの。修学旅行ぶりですが何度来てもいいですねぇ。

f:id:Hotateyuki:20170812100740j:plain

残念ながら写真の通り、ちょうど修理していて工事中だそうです。内部は入れますが外からはあの本堂舞台下は見ることができませんでした。残念残念。

やはり清水の舞台、すごい建築ですねぇ。釘を全く使わない技法で建ってるなんてどれだけすごい精密なんだろうか。それでいて高さ18メートル。すごい。

流石人気なだけあって人はものすごい量で、お盆の時期と重なってるのもあり交通規制さえもされるほどの人の量でした。ちゃんと音羽の滝も行きましたよ!

f:id:Hotateyuki:20170812102130j:plain

三つの滝のがあり、それぞれ違う意味のご利益があり一つが学問成就、もう一つが恋愛成就、最後が延命長寿だそうです。上に書いてあるのかなって思ったのですが並んでいざどれにしようと思ったら書いてなくて焦りました笑

僕と兄と母とドイツの友達で僕が右、ドイツの友達が真ん中、母と兄が左の滝の水を飲みました。

もはやおみくじじゃねぇか。

やったあとgoogle先生に教えてもらいましたが僕は延命長寿を飲んだそうです。いや、まだいらんだろ。学問成就がよかった・・・。画力上がる滝はありませんかねぇ。

そのまま清水寺を後にして三年坂を下りいろんなお店をみながらホテルへ帰りました。

 

いやいや、またまた京都を満喫してしまいました。二日連続で鞍馬寺伏見稲荷大社というなかなか鬼畜ルートを行ったせいでか疲労マックスだしドイツの友達もお寺や神社への印象が「こんな歩くんだ・・・」に変わってしましましたがそんなことありません。鞍馬寺伏見稲荷大社が異常なだけです。あれ山です。

これで一度京都の観光は終了し、僕だけコミケのため関東に帰還します。今回の京都観光では断然で鞍馬寺がすごかったです。次元の違う領域に行った感覚は忘れようにも忘れられないレベルで脳内にしっかりと記憶されました。個人的京都で一番やばい場所なのではと思っております。自分は以外と近くに住んでることも分かったので今度また一人で訪れたいと思います。

 

コミケの次の日には広島観光に行きます(めちゃスケジュールハード)のでまたブログでレポ書きますね。なんだかんだブログ続いてて嬉しいです。まぁ書くネタがこんだけ豊富なら続くか普通^^;

こんなグダグダブログですが今後ともよろしくお願いしますね。では。

鞍馬寺が想像以上にやばい場所だった。

コミケ前にめちゃめちゃ観光旅行行ってる!まぁ新刊のクリアファイルのデータだけだし大した準備はいらないんだけど・・・。

8月10日

今日は朝7時頃に家を出て新横浜から新幹線で京都まで移動。やっぱり新幹線だと駅メモのアクセス数がやばいですね。捗る捗る。尚、原稿は全く捗ってません。

久々の家族全員揃っての旅行です。父は常に忙しく長年1日も休みがなかったので家族揃っての旅行は久しぶりなのです。もちろんドイツの友人もいます!

 

京都駅に着いてまず父はまだ僕の京都の部屋をまだ見たことがなかったので一度は見たいとのことで自室に移動。その間に兄がまさかの駅にスマホを忘れてしまい兄だけスマホを探しに戻ることに・・・。なんとか元に戻ったみたいで良かった・・・。僕も自室であった用を済ませ、次の目的地鞍馬寺へと向かいました。

 

f:id:Hotateyuki:20170810213303j:plainものすごい猛暑の中、階段を沢山構えて鞍馬寺はそびえ立ってます。暑いわきついわ・・・。でもですね、正直結論から鞍馬寺はすごかったです。何がすごいかというと、僕個人としての意見なんですが今まで行ったお寺とのジャンルがまるで違う気がしたことですね。言ってしまえばかなり特殊、特異なお寺だと感じました。理由は後言います。

この写真はあくまで門で本堂ではありません。でも門でさえ、階段の量がすごくてなかなかにきつい道のり・・・、元気な時に行った方がいいかもしれませんね!

f:id:Hotateyuki:20170810213829j:plain入場してもすぐに階段・・・、そうこの後本堂にたどり着くまでも1kmも歩かないといけないのです。修行僧も大変でしょうねぇ・・・。

まぁもちろんそれはきつすぎるのでロープウェイで一気に上に行きました。ここで毘沙門天の祠があったのですがそこでダビデの星を見かけ「?」と思ったのですがやはりここは異質です。僕は霊感はもう既に失くなってしまったのですが、ここは何か今までのお寺とは違う雰囲気を感じる。何か人々を救うなどという目的ではない何かが。

なぜか直感で感じたのが外来種のような雰囲気。そして聞いたところ奥に潜む魔王尊、彼は650万年前に金星からこの地球に降り立ったらしいです。僕は全く金星は違うだろという印象でしたが別の惑星から来たという点ではなぜか直感は当たったそうです。まぁこうして文章で書いてると胡散臭いですがね^^;信じる人だけ信じてくださいな。

この鞍馬寺は宇宙を表しているらしくて京都の中でも群を抜いて奇妙なお寺だそうです。僕は記憶にありませんが子どもの頃にここに訪れていたらしいのですが、その時は完全にハイになってしまい少し発狂気味になったそうです。宇宙の力に子どもでは耐えられなかったのでしょうか・・・?どうでしょう・・・。

階段を上っていくとやっと本堂が見えてきました。本堂の中央には大きな三角と、すべて三角形で形成された円状のサークルがありました。ここは宇宙と地球の繋がった座標だそうで宇宙とコネクトできるそうです。

f:id:Hotateyuki:20170810215558j:plain立ってみたのですが昔みたいにハイになることなどはありませんでしたがやっぱ不思議な気持ちにはなりますよね。この中央の三角形とその周りの六角形、これもダビデの星を使ってますね。やはりここは表向きではお寺で裏では完璧別の目的で作られたように思えて仕方ありません。宇宙との交信なら尚更別組織ですね、信仰的要素ではない気がします。ただパワースポットというのは間違いない気がしますね。この鞍馬寺に入ってから大いなる何かを感じるような重い空気、それは決して怖い気持ちとかではなくかと言って優しく迎えてくれるような空気でもない、僕が感じるのはただひたすらに奇妙。それだけでした。

f:id:Hotateyuki:20170810220126j:plain

f:id:Hotateyuki:20170810220152j:plainここが丁度中央三角形に立ち見上げた空です。空も宇宙と書いての「そら」の方が表現は正しいかもしれませんね。

実際クトゥルフのような宇宙的神に対してのイメージはこういう広大さと奇妙さなんですよね。まぁクトゥルフのような作り話はあまり好きじゃないのですがロマンはありますよね。鞍馬寺はそれに似た感覚です。宇宙的な狂気が漂うのです。

本堂に入りお参りを済ませ上を見上げてまた奇妙なことに気づきました。ここ鞍馬寺はなぜかすべてが「3」で形成されていることです。どういうことなの?て思うかもしれませんが簡単に言うと「3」という数字があまりにも使われているということです。先ほどの三角形のサークルもすべて三角形で形成されてますが本堂の提灯も3つ。祀られてる仏も毘沙門天・千手観音・護法魔王尊と3体。そして気になる本堂の赤・黄・白の謎の円。これらあまりに共通点が多すぎて単なるデザインとは思えませんでした。それと気になる三つの円、住職さんに聞いてみたところあれは太陽と地球と月を表してるそうです。これは「尊天」というものを表しており毘沙門天「太陽」として光の象徴に、千手観音を「月」として愛の象徴に、魔王尊を「地(地球)」として力の象徴にしそれら三位一体として「全ての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」というものとしたそうです。まず面白いなっと思ったのが地球が力ということ。基本的地球上の物語は地球を中心とし地球を主人公として扱うことが多い気がするのですが、これはどうか?ごく自然的に決められた、何か必然的に宇宙のルールかわかりませんがフィット感を感じるんですよね。

それになんだか3という数字も特殊な数字ですよね。僕は奇数や素数の法則性が複雑な数字ほど宇宙的複雑な法則を感じるんですよね。そもそもキリストの世界では3は神の数字とされ神聖な数字です。三位一体もそうですね、キリスト教ではよく使われる言葉です。もしかしたらこの鞍馬寺の3という数字は宇宙的な意味でも意味のあるものなんじゃないかと思います。この秘仏たち3体もなんだか他の神話との共通点が多くて不思議でなりませんね。語ると永遠と語るんで一旦ここまで。とにかく鞍馬寺で僕は3という数字ばっか気になってましたって話!(読むの面倒な人はここまで飛ばしてね!)

あと蛇足ですが本堂でおみくじを引いたんですが前回の浅草寺で引いたおみくじは凶だったのでリベンジという意味で引いたら大吉が出ました!

f:id:Hotateyuki:20170810225248j:plain売買よし!

大吉でした。コミケの売上は大丈夫そうかな??なんて調子乗ったりしてみてね笑

 

次は魔王堂を目指しレッツゴー!

本堂からまた1km近くを歩かないといけなくて今度はロープウェイなどは使えません。しかも全て階段です。熊出現注意やマムシ注意やらやばそうな道です。でも正直この道から僕の足に異変が起きてて、バカみたいに震えだして全然止みませんでした(単に足が階段で疲れすぎて笑ってるだけかもですが^^;)。全てオカルトと結び続けるのも良くないですね。

f:id:Hotateyuki:20170810223316j:plainここまで来るのにも徒歩30分くらいかかりめちゃ歩きました。やはり本堂からここへの道からありとあらゆるものが奇妙そのもので、静寂の森も異様なまで暗く、まっすぐと上までそびえ立つ巨大な木々たちに囲まれた閉鎖感、まるで森に常に監視されているような感覚。でもそれは先程も言いましたが恐怖とは違う感覚でとにかく怪しいのです。

そして辿り着いたのが奥の院魔王殿。ここが3体の秘仏のなかの魔王尊の拝殿ですね。もうマナーモードの如く震えてた足がさらに強く震えて正直痛かったです^^;僕は貧乏ゆすりとか自分からすることができないんですがもうその領域で震えてました。ここにおられるのが有名な天狗とも言われている魔王尊ですね。不気味すぎるくらい静寂な拝殿で、でも拝殿の中は重い空気ではなく優しい闇のような軽さを感じました。善悪など超越した宇宙のバランスの一つと考えると本当神々しいですね。全く理解できない次元の世界だと思います。

 

ここから看板にかいてあった貴船神社に向かいました。でもそこまで行くのもとても大変で奥の院魔王殿から500m以上も階段を下る・・・・。とにかく上がったり下ったりの繰り返しで2、3kmほど歩いてます。しかも階段も全然整ってないバラバラのサイズで降りにくいったらありゃしない!でも常に覆われる森の視線や重荷に逆らうこともできずみんなで黙々と下って行きました。本当、ここ鞍馬寺は地球と同じ次元に立ってるのか分からない不安さに常に襲われる、そんなある意味怖い場所でした。

 

やっとの思いで下って歩いて3分ほどの場所に貴船神社がありました!貴船神社も入り口は階段なんですよね・・・。

f:id:Hotateyuki:20170810230027j:plain

まぁ僕の実家も200、300段くらいの階段を上らないといけないようなところに建ってるので慣れっこですけどね!

貴船神社は一度イラストで描いたことがあったので、実際来るのは2回目なんですよ!

[http://もののけの道 | ホタテユウキ [pixiv] www.pixiv.net

この絵ですね!懐かしい!

時間帯的に17時後半で少し暗くなり始める時間帯だったのでライトアップがしており鞍馬寺のようなどんよりとした不安定な空間とは全く違い軽く綺麗なインスタグラム映えしそうな神社でした!

(というか神社内にインスタ上げてどうぞみたいな看板あったぞ・・・?)まぁ綺麗な写真いくらでも撮れるなここはw

おみくじもここはシャレていてでしてね〜水占みくじといって引いたくじを水に浸すと文字が浮かび上がってくるといういかにも現代人が好きそうなシステムで僕もやってきました!

f:id:Hotateyuki:20170810230350j:plain

f:id:Hotateyuki:20170810230105j:plain

商売:大いに儲けあり

お?二連で大吉!ついてる!そしてまた売上上がった感じしますね。これはコミケ大丈夫そうだな???(お金ばっかみてる汚い人に見えますがあんま実は興味ないんで安心してくださいね)

まぁここ貴船神社はそういう楽しめる意味でも現代人にはあってる神社って感じがしますね!実際綺麗だしオススメですよ!

そんな風に楽しんでいたら急に雨が降り出して超大雨となりました。(京都ではよくあること)本当タイミングが良かったです・・・。鞍馬寺からの下山の途中でこの大雨が降ってたら遭難や土砂崩れに巻き込まれてたかもしれません・・・。正直危なすぎました。神タイミングで予約してたお店へ逃げ込み夕食にしました。

今回予約して食べた京料理屋さんはこちら!貴船ひろやさんです!

www.kibune-hiroya.com

お出迎えの店員さんの接客はとても丁寧で、料理も豪華でおいしかったですよ!

f:id:Hotateyuki:20170810230913j:plain

これお皿全部氷で手彫りで作ってるそうです。すげぇ・・・。

ボトボトと雨の音を聞きながら食事を済ませ、ホテルまでタクシーで移動、そして今に至る感じですね!

いやぁ鞍馬寺はとても良かった!久々に土地に感情を抱けてぞわぞわしました。時間感覚さえも失う奇妙で歪んだ空間のように感じました。今回はちょっとオカルト的な話が少し多くてつまらないブログになったかもしれませんが僕はオカルトが大好きなのでちょっと語ってしましましたね^^;次回以降気をつけます(反省してません)

明日は伏見稲荷清水寺に行きます。定番中の定番ですが楽しんできます!またブログ書くのでよろしくお願います〜!

新宿VRZONEに行きました。

タイトルが最近「〜に行きました。」続きになってるな・・・。タイトルだけマンネリ化しつつありますね。

8月7日

台風が近づいてきてる影響で雨が予想される中、お昼には全くそんな予感をさせない天候で普段通りの夏といった感じで普通に暑かったです・・・。

電車に乗り僕らが向かう先は新宿に最近できたばかりのアミューズメント空間「VRZONE」!!

vrzone-pic.com

様々なVR体験ができるこのVRZONE。僕はやはりエヴァンゲリオンVRTHE魂の座がしたくて前々から注目してたのですがやっと来れましたって感じです!

さっそく事前予約したチケットを受け取り中に入ると未来的なデザインの巨木と辺り一面をプロジェクションマッピングで綺麗に彩った空間が広がってました!

f:id:Hotateyuki:20170808190211j:plainこういう未来的なデザインをドーンと構えれるのも日本の特徴の一つですね!さすが日本、技術力が凄まじいです。このプロジェクションマッピングの光ってるところ触れるとその光が弾けて幻想的な音が流れます。作り凝ってるなぁ。

f:id:Hotateyuki:20170808191334j:plain

当日は予想通り人は結構多かったです。土日は基本チケットが完売で取れなかったのでその人気さがわかりますね。まだVRは日本でも日常的に浸透はしていないから人々も興味津々なんでしょうね!PSVRも全然出回らないし!いつかスマホが日常的光景の一部になったようにVRも日常的になるんでしょうかね。そしたら僕は遊戯王をVRでやりたい・・・。外で突然デュエルとかしたいよ・・・。コナミさんお願い。

 

そんなわけでまず速攻で行ったのはエヴァンゲリオンVR!

f:id:Hotateyuki:20170808191654j:plainプレイヤーはエヴァ代理パイロットとして任命され、第10の使徒「ゼルエル」と戦うといった設定のアトラクションです。来た時には長い行列ができておりおおよそ20分ほど待ちました。

操作方法は左右に付いてるレバーを行きたい方向に向けるだけで移動ができ、右のレバーに付いてるボタンを押すと銃を発射。左のボタンはネルフのマークの付いた兵装ビルまで行って押すと武器の交換ができます。あとはエヴァがシャットダウンしたら大声で「動け、動け、動いてよぉおお!!!」と叫びながらレバーをガチャガチャすると復活します。

エントリープラグに入るシーンから始まり、LCLが下から出てきてちゃんと溺れて奥から虹色光が出てきて視界にネルフが広がります。

すごい再現度!!

360度見渡せるんですがエヴァが格納されているケイジがそのまんま再現されておりケイジってこんなでかいのか!と感動しました。もちろんアンビリカルブリッジもそのまま再現されており拘束が解けて発進場所まで移動し、高速エレベーターで一気に上に上昇します。上昇時はアニメのように振動が伝わって椅子ごとすごい揺れます!そして上がった先には巨大な第10使徒が待ち受けてます!

僕は二号機に搭乗しました!初号きとも迷ったんですが・・・。

f:id:Hotateyuki:20170808225104j:plain戦闘の操作感はとてもよかったです!機体の重さをよく考えて作られていて、実際シンジ君の大変さがよくわかりました笑

お互いにマイクで話すことができ、(画面内にSOUND ONLYと出る)協力して戦えます。僕らは終始ドイツ語で戦ってたんで叫ぶ時もドイツ語で端から見ると結構面白かったかもしれません笑

いやぁ本当に凄かった。結果から言うとA.T.フィールドさえも破壊できませんでしたが楽しめました。思い切り使徒に最後は食われゲームオーバー。聞いたところドイツの友達が兵装ビルを見つけれなくて弾切れで死にまくってたそうです。そりゃ勝てんわ^^;

その次はマリオーカートVRに行きました!

f:id:Hotateyuki:20170808225610j:plain実際にマリオたちの視点でマリオーカートができるんですがある意味すごい怖かったです笑

車同士ぶつかりあったりするので自分から車に突っ込んでいったり物を投げたりと普通車でしちゃいけないことを自分の視点でやらなきゃいけないのである意味で怖いアトラクションでした。操作感は基本のマリオーカートとそんな変わらず動かしやすく、ドリフトの概念を消されていたので初心者でも勝てる作りとなってます。アイテムボックスの概念は存在せず、相手は風船で吊るされていてそれを素手でキャッチし、持ったまま投げたい方向に投げるといった形になってました。なので緑甲羅が当たる当たる。これはいいシステムだなぁと思いました。

 

その次はアーガイルシフトというVRゲームをしました!

f:id:Hotateyuki:20170808230302j:plain

これもまたすごいゲームでしてね・・・、この画像の左にいる可愛い子がAIとして色々指示を出してくれてロボットを操縦しながら敵を倒していくゲームなんですが、すごいロボットに乗ってる!って気分になれるんですよ。いつもは描く側なのが自分がいざ体験するとすごい、こんなかっこいいのかってなるんですよ!これは実際にやらないとわからないですね。あとメカニックデザイン柳瀬敬之さんなんですよね!やりたかった理由の一つです!

f:id:Hotateyuki:20170808230959j:plain

あと何と言ってもすごい近くまで寄ってきて褒めてくれたり親切に説明をしてくれるアイネちゃんにドキドキします。戦いながらドキドキしなきゃいけないというなんとも忙しいゲームなんですけどとても良いです。近づいてくると顔を引いちゃうくらいでした。ロボット好きは一度体験してみるべきですよ!ストーリーは続編待つって感じかな!いいところで終わった!

 

それと最後にやったのが脱出病棟Ωです。

f:id:Hotateyuki:20170808231144j:plainVRでホラーはマジで怖い。

これもチームプレーが鍵となった2人以上基本プレイのホラーアトラクションです。車椅子で移動をし、右手に懐中電灯を持って進みます。片方のプレイヤーが怖がって前に進まないともう片方も進めないシステムとなってます・・・!

気づいたら逸れるようにできていて無線で「どこ!?」って言い合いまくってましたwもちろんドイツ語でなんで端から見るとなんか叫んでるみたいに聞こえるんでしょう・・・・。でもこれは叫びまくりましたねぇ・・・。

結局制限時間が若干足りなく惜しくもタイムオーバーで処刑場で首を巨大ハサミで切られて死にました。自分の首切られる視点本当貴重^^シザーマンっておっかないなぁ・・・。

 

以上VRZONEで4つのアトラクションを体験してきました!どれもすごい面白くとても充実した1日になりました。次は攻殻機動隊のアトラクションが追加されるそうなのでまた来たいと思います。できたばっかでなかなかチケットが買えませんが是非行くことをお勧めします!

 

あと最後に宣伝ですが夏コミのお品書きです。

f:id:Hotateyuki:20170808231756j:plain本での新刊は出せずにクリアファイルのみ新刊となります。でもコミケでは全て初めて出すので全部実質新刊です!

当日はこの新刊の絵のポスターを飾っておりますのでこれを目印に来ていただけたらと思います!ではでは当日お会いしましょう!