メイドインアビス公式アンソロジー

どうもホタテユウキです。

最近自身のことを遅筆ユウキと名乗っていたら不思議と定着してきました。速筆になりたいところです。

 

さて、今回は本業の『恋する寄生虫』とは違くアンソロジーのお仕事をしたのでその告知です。

メイドインアビス』の公式アンソロジーを再び描かせていただきました。

https://webcomicgamma.takeshobo.co.jp/manga/abyss_anthology/

以前にも一度お誘い頂いて、あまりにも重い内容とそのグロテスクさから没をくらい可愛らしい4コマを描いていましたが(しかも初めてのフルデジタルだった覚えが)、今回はショートストーリーとのことで内容も凝ったものにしよう頑張りました。

(結局今回は本質のフルアナログで描きました)

f:id:Hotateyuki:20190710195518j:image

あと訂正部分が2箇所だけありましたのでご確認下さい。

・P6の「い いやただのガラクタさ」は「いいや ただのガラクタさ」です。

・P8の「そうして...」は「どうして...」です。

 

今回このお仕事をお受けした時に10ページ前後のショートストーリーをとのことでした。ただメイドインアビスの魅力伝えるのに10ページ前後となると1億分の1程度くらいしか出せないなぁと感じたのでもういっそアビスの設定を引き継いだオリジナル回の様なものをしようと決めました。

僕が個人的にアビスの魅力として思っているのが時間のズレ、幻覚、といったアビスの呪いのギミックから起こる摩訶不思議な現象。これはSFちっくなものと相性抜群だと思っていたので今回のコンセプトはメイドインアビス+SFの様な感じで描いたのを覚えています。

最初実はライザを描きたかったんですね。一番好きなキャラデザだったので。そこでオーゼンが過去に鑑賞できる遺物の記憶を辿る設定を考えてたんですがページ数が遥かにオーバーしたので削っていった結果ライザは登場しないことに。どうしてこうなったんだ....悲しい....。

 

遺物の効果も結構細かく考えていました。最初は鏡の様なデザインにして、アビスの呪いの力場が自然光を歪ませ、そこに遺物が光の屈折角度を変化させ幻覚の実態をさせるみたいな設定でした。

その説明も10ページ前後だと邪魔となり消えて行きましてシンプルに呪いをアビス続けることで作動という形になりました。

30ページほどくれればもっと面白いものを描けたと思う...。悔しい。

 

アンソロジーとは本コンテンツのファンが読むものというのが十分分かっているのですが、内輪でワイワイ楽しんでるのを見せられるよりたまたまアンソロジーを読んで原作読んでみようかな...と思わせる漫画の方が僕は描きたいなと思ったので読み切りちっくで出来るだけアビスの魅力を出せる様工夫してみました。

ただアビスの背景はマジで骨が折れますね...細かい...

 

ストーリーにも色々仕掛けを用意しましたので是非読んでみてくださいね。

 

では。

少年エース8月号

どうもこんばんは。

ホタテユウキです。

f:id:Hotateyuki:20190627152210j:image

昨日発売(6/26)だった月刊少年エースの8月号『恋する寄生虫』第10話が掲載されております。よろしくお願いします。

f:id:Hotateyuki:20190627152551j:image

今回は完全にオリジナル回で新キャラが出ます。少年エースの表紙の子同様、髪を結んでます。同じなのに、なんでしょうねこの差は。花が....。

f:id:Hotateyuki:20190627152446j:image

次の11話も恐らくオリジナル回になりますので、お付き合い頂けたらと思います。

しつこいようですが、単行本2巻の発売日は7/26です。今回もデザインは有馬トモユキさんにやって頂きました。相変わらず素晴らしい。

色合い等々、レイアウト共に抜群な仕上がりになっておりますので是非ともよろしくお願いしますね。

1巻よりはいいものになってるはずなので....。

 

そういえばこの前、『海獣の子供』観に行ったんですよ。

本当に素晴らしい作品でした。原作は前に一度読んでいたのですが、五十嵐大介さんの絵を動かすという試みが自分の中では大丈夫なのか若干不安もあったんですが見事でしたね。

脳で観る映画ではなく、全身と見えない部分で観る、そんな映画でした。大切なことは言葉にならないとは正にこの作品で表せていましたね。

特に驚かされた場面はやはり誕生祭のところでしょうか。まるで原始記憶を擽られるかのような感覚を覚えました。そのせいかあの場面を見たときに第一に思い浮かんだ感想は「懐かしい」でした。人類が本能で懐かしむ映像、、、そんな抽象的なものをよくアニメーションという形で表現できたなとまさに圧巻の一言でした。

これは僕の中では今年のベスト映画だなと確信めいたものを感じましたね。本当に夏を閉じ込めた様な素晴らしい映画でした。

少年エース7月号

どうも。ホタテです。

先月はモンスターエナジー大量摂取で嘔吐してしまい色々やばかったです。

f:id:Hotateyuki:20190525184640j:image

5/26発売の月刊少年エースに『恋する寄生虫』第9話が掲載しております。よろしくお願いします。

f:id:Hotateyuki:20190525182232j:image

今回は実は言うと結構ギリギリ入稿という形になってしまって(いつもギリギリな気もしますが....)一応は人に見せれるレベルには仕上げましたが、もっとブラッシュアップが出来たのにリミットによって出来なかった後悔は残りました。

やっぱ全力で描いた状態で皆様にお見せしたいですねぇ....僕って自分の絵は全力で描いた絵じゃないと商業レベルに達してないと思い込んでるタイプなので、思い通りのクオリティじゃないと人に見せるのは苦しさがあります。

単行本では加筆させて頂くつもりなのでそちらが本物と思って頂ければ幸いです。

f:id:Hotateyuki:20190525184652j:image

それと単行本の2巻目が7/26に発売を予定しております。だいぶ1巻からお待たせしてしまいました。お詫び申し上げます。

2巻を出すに当たって一度前の原稿とかを見直してたんですけど、やっぱ随分と絵柄変わりましたねぇ....。自分でも上達した実感はとてもあります。でもそれよりも、やっと佐薙ひじりが僕の描きたかった形になってきたと言いますか、オリジナリティと原作へのリスペクトの間のベストなフォルムへ近づいてる感覚があります。

僕は原作の佐薙ひじりよりももう少し鎧を多く纏って表面はカッコいいなって思えるような印象を描きたかったんですけど、それに近づいてきました。初期の頃の佐薙ひじりの絵は何といいますかまだ緊張して描いてる感じが垣間見えますね笑

原作を壊さないように.....のような心遣いをしすぎて硬さがすごくあります。それはもう自分の中では突破できたのかなって勝手に思ってます。

 

2巻目の表紙絵も結構こだわりましたので是非、紙媒体で買ってみてください。

 

ではよろしくお願いします。

 

仮想美少女シンギュラリティ

こんばんは。ホタテユウキです。

ちょっと変わったお仕事の告知です。

f:id:Hotateyuki:20190502144554j:image

バーチャルYoutuberのねむさんご本人が書かれたSF小説『仮想美少女シンギュラリティ』の表紙絵を描かせて頂きました。

バーチャルYoutuberであるねむさんが自身の体験や実際にある動画などを元に描かれるサイエンスフィクション。現役でご活躍されているからこそ感じるリアリティとその境目があらかたフィクションと言い切れなく感じさせる点がこの作品の魅力なんじゃないでしょうか。

著者がバーチャルYoutuberという一風変わった小説なのですが、僕自身バーチャルYoutuberというアニメキャラクターではなく実在はするけどYouTubeという画面を通して見るキャラクターにこそこういったリアルへの干渉は積極的にするべきだと考えていたので、今回お声掛け頂いた時は俄然やる気が出ましたね。

本当にどんどんserial experiments lainのような感じになっていくのでしょうか。楽しみで仕方ありませんね。

 

現状Kindle版のみらしいので、よければ読んでみて下さいね。

リンク↓

https://amzn.to/2PF59wT

少年エース6月号

こんにちは。ホタテです。

 

4/26発売の月刊少年エースにて『恋する寄生虫』第8話が掲載されております。よろしくお願いします。

f:id:Hotateyuki:20190427151409j:image

今回は完全に一人で描ききった思い出に残る回ですね。何というかいい意味でも責任持って人に見せれる物になったかと思います。それに久々の30ページ越えです。

f:id:Hotateyuki:20190427151413j:image

コミックス単行本作業ももうやっていますのでご期待下さいませ。

本当にいつも遅筆で色んな方々にご迷惑をおかけてしていて大変申し訳ないです。皆さんにも待たせてしまっていて不甲斐ないです...

その分いいものを提供できるように頑張ります。

 

f:id:Hotateyuki:20190427151644j:image

一応表紙も載せときます。

 

そういえば今月は顔面手術や、1週間以上続いた熱が響いたりと本当に大変な月でした....。
(顔についた大きな傷がブラックジャックみたいー!と病院内ではしゃいだのは内緒です。)

 

ではまたよろしくお願いしますね。

少年エース5月号休載のお知らせ

どうもホタテユウキです。

 

3/26発売の少年エースですが、『恋する寄生虫』はお休みです。大変申し訳ございません。

遅筆でごめんなさい。

 

最近は色々あってアシスタント0人(仕上げだけ人は呼んでおります)でやることにして背景やトーン削りを含め全て自分で描いております。

クオリティは置いておいて、空気感や雰囲気は以前より増すかと思います。やっぱ作者本人が描けばキャラとのマッチ率も完璧ですからね。

 

以前から一人で描きたいという願望があったんですが、現実的じゃないと決め込んでいたものですからなかなか実行に移せなかったんですが最近思い切って一人で描いてます。(ペースはやばいですけどね)

一応ちゃんとやってますアピールにいくつか写真を。

f:id:Hotateyuki:20190323020340j:image

f:id:Hotateyuki:20190323020349j:image

f:id:Hotateyuki:20190323020353j:image

結構エグいことはしてますがやっぱ自分の思い通りに行くのは楽しいです。

キャラと背景とでタッチのギャップが出ないとすごい型にハマった感が出てしっくりくるんですよね。

今後ともペースはやばいと思いますが頑張っていきます。ベルセルクほどは行きませんが描き込みに関しては妥協したくないです。

少年エース4月号

お久しぶりです。ホタテです。

 

2/26発売の少年エースにて『恋する寄生虫』の第7話が掲載されております。よろしくお願いします。

f:id:Hotateyuki:20190228033250j:image

 

今月号は色々と勉強した会でした。コマによっては知識がないと描けない部分も多く、たった1コマに3日勉強期間を費やしたりと中々に楽しかったものの大変な回でしたね。血液学の本(医学書よりも分かり易い初心者向けの本)、頑張って4冊読みました。血算を教えてくれる本が中々なくて本屋で悶えてました。

症例は肺吸虫症の方の血液検査のWBC(白血球値)を元に、後は様々なデータを探して計算しました。(結構論文に出てくる方のデータが高齢の方が多く17歳の女の子の症例が見つからず苦戦しました)

MRI画像のシーンはトキソプラズマ症の方のCT画像を参考に、後のコントラストは従来のMRI画像を参考に、炎症してる部分を濃くしたりと結構勉強しました。ただいざ雑誌に掲載されてるのを見ると結構トーン潰れてしまってますね。頑張ったんですが少し残念です。濃くしすぎました。

f:id:Hotateyuki:20190228034854j:image

(実際の生原稿の方はこれくらい綺麗でした。楽しくカッターでカリカリやってました)

 

細かい点ですが、こういう所で説得力って出るんだと思います。手を抜いてはいけないのだと思います。

それに以前、どこかのブログで僕の漫画を読んでいた方の感想の中に旭川医大寄生虫講座と書かれたとこを見つけ、これは適当に描いたらバレるとヒヤヒヤしております。いい刺激になりました。ありがとうございます。

 

スランプについてですが、最近やっとゆっくりですが調子が戻ってきました。未だ完璧に克服したかと言われるとまだまだな感じですが、仕事出来るくらいにまでは回復しました。Twitterがよっぽど自分の中で嫌な存在だったんだと辞めてから気づきました。気分はすごく楽になりました。自分の絵に向き合えてきてます。

(宣伝効果は一向に落ちましたが、結構後悔はしてません)

 

今同時に色々なプロジェクトも進めていますので後々発表できたら嬉しいなと思っております。

 

ではまた。

 

p.s.少年エースのすべての人類を破壊する。それらは再生できない。のヒロインがノストラダムスの大予言に夢を抱き、生きづらい世界の人類の滅亡を夢見てリセットカードばっか好んで使うの最高にエモいです。そんなの信じちゃいないだろうけどロマンがあるんです。おかげでマジック熱が最近やばいです。どうしてくれるんですか。