鞍馬寺が想像以上にやばい場所だった。

コミケ前にめちゃめちゃ観光旅行行ってる!まぁ新刊のクリアファイルのデータだけだし大した準備はいらないんだけど・・・。

8月10日

今日は朝7時頃に家を出て新横浜から新幹線で京都まで移動。やっぱり新幹線だと駅メモのアクセス数がやばいですね。捗る捗る。尚、原稿は全く捗ってません。

久々の家族全員揃っての旅行です。父は常に忙しく長年1日も休みがなかったので家族揃っての旅行は久しぶりなのです。もちろんドイツの友人もいます!

 

京都駅に着いてまず父はまだ僕の京都の部屋をまだ見たことがなかったので一度は見たいとのことで自室に移動。その間に兄がまさかの駅にスマホを忘れてしまい兄だけスマホを探しに戻ることに・・・。なんとか元に戻ったみたいで良かった・・・。僕も自室であった用を済ませ、次の目的地鞍馬寺へと向かいました。

 

f:id:Hotateyuki:20170810213303j:plainものすごい猛暑の中、階段を沢山構えて鞍馬寺はそびえ立ってます。暑いわきついわ・・・。でもですね、正直結論から鞍馬寺はすごかったです。何がすごいかというと、僕個人としての意見なんですが今まで行ったお寺とのジャンルがまるで違う気がしたことですね。言ってしまえばかなり特殊、特異なお寺だと感じました。理由は後言います。

この写真はあくまで門で本堂ではありません。でも門でさえ、階段の量がすごくてなかなかにきつい道のり・・・、元気な時に行った方がいいかもしれませんね!

f:id:Hotateyuki:20170810213829j:plain入場してもすぐに階段・・・、そうこの後本堂にたどり着くまでも1kmも歩かないといけないのです。修行僧も大変でしょうねぇ・・・。

まぁもちろんそれはきつすぎるのでロープウェイで一気に上に行きました。ここで毘沙門天の祠があったのですがそこでダビデの星を見かけ「?」と思ったのですがやはりここは異質です。僕は霊感はもう既に失くなってしまったのですが、ここは何か今までのお寺とは違う雰囲気を感じる。何か人々を救うなどという目的ではない何かが。

なぜか直感で感じたのが外来種のような雰囲気。そして聞いたところ奥に潜む魔王尊、彼は650万年前に金星からこの地球に降り立ったらしいです。僕は全く金星は違うだろという印象でしたが別の惑星から来たという点ではなぜか直感は当たったそうです。まぁこうして文章で書いてると胡散臭いですがね^^;信じる人だけ信じてくださいな。

この鞍馬寺は宇宙を表しているらしくて京都の中でも群を抜いて奇妙なお寺だそうです。僕は記憶にありませんが子どもの頃にここに訪れていたらしいのですが、その時は完全にハイになってしまい少し発狂気味になったそうです。宇宙の力に子どもでは耐えられなかったのでしょうか・・・?どうでしょう・・・。

階段を上っていくとやっと本堂が見えてきました。本堂の中央には大きな三角と、すべて三角形で形成された円状のサークルがありました。ここは宇宙と地球の繋がった座標だそうで宇宙とコネクトできるそうです。

f:id:Hotateyuki:20170810215558j:plain立ってみたのですが昔みたいにハイになることなどはありませんでしたがやっぱ不思議な気持ちにはなりますよね。この中央の三角形とその周りの六角形、これもダビデの星を使ってますね。やはりここは表向きではお寺で裏では完璧別の目的で作られたように思えて仕方ありません。宇宙との交信なら尚更別組織ですね、信仰的要素ではない気がします。ただパワースポットというのは間違いない気がしますね。この鞍馬寺に入ってから大いなる何かを感じるような重い空気、それは決して怖い気持ちとかではなくかと言って優しく迎えてくれるような空気でもない、僕が感じるのはただひたすらに奇妙。それだけでした。

f:id:Hotateyuki:20170810220126j:plain

f:id:Hotateyuki:20170810220152j:plainここが丁度中央三角形に立ち見上げた空です。空も宇宙と書いての「そら」の方が表現は正しいかもしれませんね。

実際クトゥルフのような宇宙的神に対してのイメージはこういう広大さと奇妙さなんですよね。まぁクトゥルフのような作り話はあまり好きじゃないのですがロマンはありますよね。鞍馬寺はそれに似た感覚です。宇宙的な狂気が漂うのです。

本堂に入りお参りを済ませ上を見上げてまた奇妙なことに気づきました。ここ鞍馬寺はなぜかすべてが「3」で形成されていることです。どういうことなの?て思うかもしれませんが簡単に言うと「3」という数字があまりにも使われているということです。先ほどの三角形のサークルもすべて三角形で形成されてますが本堂の提灯も3つ。祀られてる仏も毘沙門天・千手観音・護法魔王尊と3体。そして気になる本堂の赤・黄・白の謎の円。これらあまりに共通点が多すぎて単なるデザインとは思えませんでした。それと気になる三つの円、住職さんに聞いてみたところあれは太陽と地球と月を表してるそうです。これは「尊天」というものを表しており毘沙門天「太陽」として光の象徴に、千手観音を「月」として愛の象徴に、魔王尊を「地(地球)」として力の象徴にしそれら三位一体として「全ての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」というものとしたそうです。まず面白いなっと思ったのが地球が力ということ。基本的地球上の物語は地球を中心とし地球を主人公として扱うことが多い気がするのですが、これはどうか?ごく自然的に決められた、何か必然的に宇宙のルールかわかりませんがフィット感を感じるんですよね。

それになんだか3という数字も特殊な数字ですよね。僕は奇数や素数の法則性が複雑な数字ほど宇宙的複雑な法則を感じるんですよね。そもそもキリストの世界では3は神の数字とされ神聖な数字です。三位一体もそうですね、キリスト教ではよく使われる言葉です。もしかしたらこの鞍馬寺の3という数字は宇宙的な意味でも意味のあるものなんじゃないかと思います。この秘仏たち3体もなんだか他の神話との共通点が多くて不思議でなりませんね。語ると永遠と語るんで一旦ここまで。とにかく鞍馬寺で僕は3という数字ばっか気になってましたって話!(読むの面倒な人はここまで飛ばしてね!)

あと蛇足ですが本堂でおみくじを引いたんですが前回の浅草寺で引いたおみくじは凶だったのでリベンジという意味で引いたら大吉が出ました!

f:id:Hotateyuki:20170810225248j:plain売買よし!

大吉でした。コミケの売上は大丈夫そうかな??なんて調子乗ったりしてみてね笑

 

次は魔王堂を目指しレッツゴー!

本堂からまた1km近くを歩かないといけなくて今度はロープウェイなどは使えません。しかも全て階段です。熊出現注意やマムシ注意やらやばそうな道です。でも正直この道から僕の足に異変が起きてて、バカみたいに震えだして全然止みませんでした(単に足が階段で疲れすぎて笑ってるだけかもですが^^;)。全てオカルトと結び続けるのも良くないですね。

f:id:Hotateyuki:20170810223316j:plainここまで来るのにも徒歩30分くらいかかりめちゃ歩きました。やはり本堂からここへの道からありとあらゆるものが奇妙そのもので、静寂の森も異様なまで暗く、まっすぐと上までそびえ立つ巨大な木々たちに囲まれた閉鎖感、まるで森に常に監視されているような感覚。でもそれは先程も言いましたが恐怖とは違う感覚でとにかく怪しいのです。

そして辿り着いたのが奥の院魔王殿。ここが3体の秘仏のなかの魔王尊の拝殿ですね。もうマナーモードの如く震えてた足がさらに強く震えて正直痛かったです^^;僕は貧乏ゆすりとか自分からすることができないんですがもうその領域で震えてました。ここにおられるのが有名な天狗とも言われている魔王尊ですね。不気味すぎるくらい静寂な拝殿で、でも拝殿の中は重い空気ではなく優しい闇のような軽さを感じました。善悪など超越した宇宙のバランスの一つと考えると本当神々しいですね。全く理解できない次元の世界だと思います。

 

ここから看板にかいてあった貴船神社に向かいました。でもそこまで行くのもとても大変で奥の院魔王殿から500m以上も階段を下る・・・・。とにかく上がったり下ったりの繰り返しで2、3kmほど歩いてます。しかも階段も全然整ってないバラバラのサイズで降りにくいったらありゃしない!でも常に覆われる森の視線や重荷に逆らうこともできずみんなで黙々と下って行きました。本当、ここ鞍馬寺は地球と同じ次元に立ってるのか分からない不安さに常に襲われる、そんなある意味怖い場所でした。

 

やっとの思いで下って歩いて3分ほどの場所に貴船神社がありました!貴船神社も入り口は階段なんですよね・・・。

f:id:Hotateyuki:20170810230027j:plain

まぁ僕の実家も200、300段くらいの階段を上らないといけないようなところに建ってるので慣れっこですけどね!

貴船神社は一度イラストで描いたことがあったので、実際来るのは2回目なんですよ!

[http://もののけの道 | ホタテユウキ [pixiv] www.pixiv.net

この絵ですね!懐かしい!

時間帯的に17時後半で少し暗くなり始める時間帯だったのでライトアップがしており鞍馬寺のようなどんよりとした不安定な空間とは全く違い軽く綺麗なインスタグラム映えしそうな神社でした!

(というか神社内にインスタ上げてどうぞみたいな看板あったぞ・・・?)まぁ綺麗な写真いくらでも撮れるなここはw

おみくじもここはシャレていてでしてね〜水占みくじといって引いたくじを水に浸すと文字が浮かび上がってくるといういかにも現代人が好きそうなシステムで僕もやってきました!

f:id:Hotateyuki:20170810230350j:plain

f:id:Hotateyuki:20170810230105j:plain

商売:大いに儲けあり

お?二連で大吉!ついてる!そしてまた売上上がった感じしますね。これはコミケ大丈夫そうだな???(お金ばっかみてる汚い人に見えますがあんま実は興味ないんで安心してくださいね)

まぁここ貴船神社はそういう楽しめる意味でも現代人にはあってる神社って感じがしますね!実際綺麗だしオススメですよ!

そんな風に楽しんでいたら急に雨が降り出して超大雨となりました。(京都ではよくあること)本当タイミングが良かったです・・・。鞍馬寺からの下山の途中でこの大雨が降ってたら遭難や土砂崩れに巻き込まれてたかもしれません・・・。正直危なすぎました。神タイミングで予約してたお店へ逃げ込み夕食にしました。

今回予約して食べた京料理屋さんはこちら!貴船ひろやさんです!

www.kibune-hiroya.com

お出迎えの店員さんの接客はとても丁寧で、料理も豪華でおいしかったですよ!

f:id:Hotateyuki:20170810230913j:plain

これお皿全部氷で手彫りで作ってるそうです。すげぇ・・・。

ボトボトと雨の音を聞きながら食事を済ませ、ホテルまでタクシーで移動、そして今に至る感じですね!

いやぁ鞍馬寺はとても良かった!久々に土地に感情を抱けてぞわぞわしました。時間感覚さえも失う奇妙で歪んだ空間のように感じました。今回はちょっとオカルト的な話が少し多くてつまらないブログになったかもしれませんが僕はオカルトが大好きなのでちょっと語ってしましましたね^^;次回以降気をつけます(反省してません)

明日は伏見稲荷清水寺に行きます。定番中の定番ですが楽しんできます!またブログ書くのでよろしくお願います〜!