村田蓮爾さんと印刷所に同行!

夏バテなのか原稿の進行具合がイマイチなこの頃・・・、ホタテユウキです。

 ちゃんと10月の関西コミティアには間に合わせるつもりなので許してください。

 

先日7月26日に以前から村田蓮爾さんと約束していた印刷所の同行、見学(?)させて頂きました!結論から言うと超絶勉強になりました。

当日の状況等も書きますね。(記憶だけで書くので少々違う可能性もあります)

 

当日朝9時に大阪の京橋駅にて集合。村田蓮爾さんと藤岡さんと合流。僕が京阪で来ていたのに対してあちらは環状線で来ていたのでいきなり集合場所が違うミスをおかす・・・。さらには途中でスマホ落として駅員さんから返してもらうという失態。前日のワクワクのあまりか色々抜けてたみたいです。

 

そしていざ印刷所へ!

今回お邪魔したのはホープツーワンさん。村田蓮爾さんが20年以上も依頼しつづけている印刷所だそうです。

www.hope21.jp

藤岡さんから聞いた話によるとなんとも「ここまで無茶振りを聞いてくれる印刷所はない」とのこと。それもそのはずです。あの村田蓮爾さんの毎度驚かされるブックデザインをこなしてきたお店なわけですから。

店員さんの雰囲気も明るく、とても印象は良かったです。

京橋駅から徒歩で数分歩いたところにありアクセスもすごく楽でした。

 

村田蓮爾さんが印刷所に入ると、もう完全にお店は常連さんを招き入れる態勢でした。「お待ちしてました!前回の本も評判すごくよくて〜etc」等、さすが村田蓮爾さん・・・。そりゃお得意様ですわ。

 

そして店員さんが普段はいない僕の存在に気づいて不思議そうな顔をしていたので軽く自己紹介をして今日は見学をしに来ましたという趣旨をお伝えしたら蓮爾さんの方からも僕を軽く紹介してくれて「僕の教え子です。彼は漫画でもう既にジャンプで2度賞とってたりアフタヌーンでも賞とってるんすよ。」・・・。光栄です・・・。というかニヤける・・・。嬉しすぎかよ・・・。お世辞だとしても嬉しすぎです。

藤岡さんも彼はプロに近いと普段褒めてくれないのにこういう時すごい褒めてくれてて心がほっこりしました笑

店員さんには「若き頃のヤスダさんを思い出しますな」って言われました。(え・・・!?ヤスダスズヒトさん!?)

 

そんな感じで軽くお話をした後に本題の印刷の依頼の話に移りました。

ここからの話はどこまで公開していいかわからないので基本具体的な話は載せない方向で僕の言葉でその場の雰囲気など察してください・・・。

夏コミで出す新刊のデザインを蓮爾さんが持ってきてそれを見て正直驚きました・・・。これこそ具体的には言えないのですが僕の率直な感想「これは・・・、本・・・なのか・・・?」最初言葉で言われてもイマイチイメージが掴めず、それは店員さん同様で「え?」みたいな雰囲気に包まれたものの、さすが20年以上蓮爾さんの本を作ってきてる印刷所なだけあってその場のメモ用紙を千切り、まるで「毎回やばいのを持ってくるのは想定内」の如くシュミレーションをし始めました。

それで蓮爾さんは「これを、こんな感じ、ここで固定して」などの提案を聞きながらおおよそのデザインが見えてきて隣にいた藤岡さんも苦笑。

藤岡さん「これまた面倒くさそうな笑」

店員さん「これは・・・手作業ですねぇ・・・」

これは具体的に言っていいのかわからないので茶化していますがもし実現できたなら皆さんも驚くデザインですよ本当。

基本的に会話は蓮爾さんが提案をし、それを店員さんがこうもできますが、この紙でこういう加工をしてと蓮爾さんの要望を答えるために色々出してくるといった形でした。

蓮爾さんが描いてきたデザインの表(設計図)なども見せてもらいましたがちゃんとここまで考えて作られているんだ・・・、と説得力が圧倒的にあって沢山勉強になりました。というかこのデザイン表超絶レアじゃない・・?世の中に出ないパターンのやつだよね・・?写真も撮らせてもらいましたが当然ここでは非公開とさせて頂きます。(というか独占欲的なもので見せたくない!)

 

度々僕の質問にも答えてくれて、ブックデザインの印刷以外でも部品の製造の話など正直未知の世界すぎて新鮮そのものでした。

しかしこのようなやり取りを見ているとどのようにして蓮爾さんがあのような素晴らしい本たちが生まれてきたのかが見えてきました。蓮爾さんが言っていた「同人のいいところはセルフプロデュースができること。企画もスポンサーも全て自分。」これは恐らく多くの人も理解してると思うのですが蓮爾さんはそれらをこれでもかと言わんばかりふんだんに活用していました。僕の中に存在する最低限の常識、本とは長い年月を経て人類に一番読みやすい形が今の我々が手にしている本の形、その造形をしていないと本ではない。だから自然と作る同人誌だって普通の薄い本だ。それらの常識を今回の見学で全て打ち砕けました。

蓮爾さんほど同人を楽しんでる人を僕は見た事がない。そう心から思えましたね。

藤岡さんに聞いたところ蓮爾さんは同人で儲けはほとんど出ていないとのこと。特殊加工や製造の難しさからほぼほぼ赤字だそうです。でもそれで構わないと思ってるんだと思います。好き勝手物を作り、自己満足に浸っているんだと思います。そういう方だからこそ常識にとらわれずに毎度新しいものを生み出し続けれる、創作を全力で楽しめるんだと思いますね。

今回色々と見せていただきとても強い刺激を受けました。正直ブックデザインにもものすごく興味が湧きました。蓮爾さんにも「面白いもの色々作ってみたら?」と言われたのでちょっとイラスト本でもいいから蓮爾さんの真似とまではいきませんがやってみたいなと心から思いました。

本当に蓮爾さんに毎回会うたびにいい刺激をもらえるし、いい勉強になります。感謝感激です。

 

そのあと僕は予定的に実家に帰らなきゃいけなくてそのまま新大阪までご一緒させていただきました。途中で藤岡さんから八天堂のカースタードクリームパンをおごってもらいました。久々に食べたけど美味っ。

あと蓮爾さんが大阪駅でエーワンベーカリーのチーズロールパン食べたいとずっと言ってて買いに行きましたが買う量がww大量すぎて「そんな食べるの!?」てくらい買ってました。3個入りくらいの袋を5袋くらい買ってました。びっくり。

そんな意外な一面を見れたりと楽しい時間でした。

また機会があれば色々ついていきたいです。(最近隔週くらいの頻度で会ってるしなぁ・・・)

 

そんな感じで昨日のレビューは終了です。そのあとは実家に帰ってそのまま成田行ってドイツの友達をピックアップしてやっと家に帰れました。

おかげで位置情報ゲーム駅メモのポイントすごい稼げました。昨日の電車での移動距離727km笑ポイントは761967ptでした。いやぁ捗りましたねぇ。

 

あとしつこいようで申し訳ないんですが7/29に発売のメイドインアビスの公式アンソロジー、表紙のイラストも出てました。あとほんの一部なら僕の描いたイラストも見せていいとのことだったので少し公開しますね。

amzn.asia

f:id:Hotateyuki:20170727113555j:plain

 

とりあえず、夏休みらしい夏休みの始まりって感じです。色々満喫するぞ〜!