祇園祭に行ってきました。

こんにちは、ホタテユウキです。

 

今日は念願の祇園祭に行ってきました!

そのことについて書いていこうと思います。

 

お祭り前日、メイドインアビスの2話の配信を待っていたのも

あり若干寝不足気味での祇園祭に向かいましたが、驚くほどの

猛暑となんと言っても四方八方どこを見ても人、人、人。

f:id:Hotateyuki:20170716004547j:plainなんだかコミケの光景を連想させられますね。地平線全てが人で

溢れていました。

でもこれでもまだ祇園祭の本番の前々夜祭だそうです。(一体本番どんだけくるんだ・・・。)

京都の友達からも「祇園祭は疲れるし、人がめちゃめちゃいるからあんま

オススメしない」と言ってた理由もなんとなくこの光景で察しがつきました。

それでも始めての祇園祭で興奮を隠せず色々と鉾を見たり、屋台を回ったり

しました!(実は屋台が楽しみすぎたことは内緒に。)

f:id:Hotateyuki:20170716005233j:plain

 

いやぁ、これですよ。祭ってこういうことを言うんですよ!!

アニメとかに出てくる祭はこういうイメージでした!提灯とかがあって、

屋台がいっぱいあって、祭っぽい音楽がどこからか流れてくる。

これが僕の理想とした夏祭りの形でしたので期待してたより

遥かに楽しんでしまいました。もうそれは小学生のようにはしゃいで

しまいましたね。

f:id:Hotateyuki:20170716005533j:plainこれはじゃがバター食べてる僕ですね。

だいぶはしゃいでます。(二回目)

ここまで大規模なお祭りとなると屋台の数も物凄く、

奥までびっしりと続いてました。今回僕が食べたものは

じゃがバター、綿あめ、胡瓜の一本漬け×2、牛タン塩ステーキ、チョコバナナ、

鳥の唐揚げ、あとは友達のもらい食いしてました。(結構食べたな・・・。)

本当はりんご飴も食べたかったのですが、あまりに友達にオススメされなかった

ので断念・・・。なぜか僕の好きなアニメキャラとかってりんご飴食べてる率

高いんですよね。ビジュアルが可愛いからでしょうか?

あと驚いたのが綿あめが光るんですよ・・・!!これはどこのアニメとかでも

見たことがなく驚愕しました。

f:id:Hotateyuki:20170716010620j:plainいやぁ、これって今のお祭り通からしたら常識的なんですかね・・・?僕は知りません

でした。

どれも美味しく、お祭り補正なんでしょうか。全て異常に美味しくて感動しました。

とらドラ!のスピンオフに書いてあった”屋台のご飯って何故か異常に美味しいんだ”

というセリフ、伊達じゃないことが十分理解できました。

 

綿あめってもっと雲みたいなイメージありましたが、意外と糸の束っぽい?食感の

イメージで、口に入れるまでは個体として認識して口に入った途端に甘い液体になる

ような感覚でした。これが綿あめ・・・。すごい・・・。

甘党の僕からしたらすごい美味しかったです。ベタつかずに綺麗に食べれましたし

満足です。

 

いやぁ、本当に祇園祭はイメージ通りの「ザ・祭り!」そのものでした。

疲れるのは当然なのですが是非一度行ってみることをオススメします。滅茶苦茶

楽しかったです。

 

お祭りは少し早めに撤収し、友達6人とそのまま鴨川まで移動しました。

本当にこの季節の時期の鴨川は均等間隔でズラーリとカップルが並んでますね・・・。

その中に男7人というカオスな状況・・・。空気読めずに鴨川で大切な人との

ロマンチックなひとときを邪魔してごめんなさいね。(あまり反省はしてません)

 

こういう夜の鴨川は不思議とお互いの話が勝手に漏れ出てしまうそんな場所で

自然と楽しくおしゃべりをしてました。

夜の鴨川で語るとか超青春て感じでなんかいいですね。黄昏てる感じがとても

いい。学生の特権ですね。もう学生じゃないけど。

 

※ここから遊戯王話なのでわからない人すいません。

そのまま僕はまだ買えていたなかった遊戯王の最新パック"CIRCUIT BREAK"を

2箱購入して家に帰宅。そして今に至る。そういった感じです。

パックを剥きながら、ダラダラとブログを書くのも案外幸せに感じます。

一応結果だけ載せておきますね。

f:id:Hotateyuki:20170716012441j:plain「拮抗勝負」!これは嬉しい!でもカードパワー強すぎてあまり使いたいとは思わない一枚。僕はもっとこう、面白いカードが好きなので。

正直「燃え竹光」が当たったのが一番嬉しかったです。

 

このような感じで今日の出来事は終わりです。久々に充実した休日って感じでした。

明日からまた「エリーゼのために2」の原稿に戻ります。

 

それではまた次回で。